経済学を志した理由は、「社会をよりよく機能させるためにはどうしたら良いか」という強い問題意識を持っていたからだ。 フィリップ・コトラー 「マーケティングの日本と未来」 より